フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

カテゴリー「相続業務」の記事

2017年11月 3日 (金)

韓国戸籍の翻訳と相続人確定作業について

おはようございます。o(*^▽^*)o

今日は相続人確定作業に伴う韓国戸籍についてお話したいと思います。

日本人に帰化した方や在日韓国人の相続案件では、必ず韓国戸籍の取り寄せと翻訳が必要になってきます。

韓国の戸籍ですが翻訳をしていると、たまに死亡した人がそのまま残っている(死亡申告がなされていない)場合や、出生申告がされていないで相続人が韓国の戸籍に載っていないケースもあります。

そうすると相続人確定作業で大変苦労を要することになります。旧法の外国人登録法(既に廃止)があった時代は、外国人登録原票記載事項証明書に父母、兄弟の名前を但し書きで記載してもらうこともできました。

しかし、現在は中長期外国人のすべてに住民票が編成されているので、身分関係を公的に示す書類は、結局のところ韓国戸籍しかない状況です。

この様な理由から両親がご健在のうちに韓国戸籍の整理申請をしたり日本の市役所に場合によっては追完届をする必要があるわけです。

しかし、すべての人が韓国戸籍がきちんと整理されているかというとそうではありません。

ここに在日韓国人相続の難しい理由があるわけです。

当事務所では、韓国の戸籍の整理申請(出生、婚姻、就籍)や相続人確定作業に伴う他の補完書類の収集等で色んな経験を持っております。

在日韓国人の相続、韓国戸籍の整理申請でお悩みの方は、是非、当事務所にご相談して頂ければと思います。

では

HP: http://www9.plala.or.jp/yk/

Kannbann

2017年10月27日 (金)

相続業務について

皆さんこんにちは(^^)/

今日は相続の仕事についてお話したいと思います。

相続業務では、相続人の方々の話をよく聞くのが一番ですが、私が特に集中して顧客からヒアリングするのは相続人関係を把握する家族関係の情報です。当然、この家族関係の情報は図式化して理解しないといけません。

次に相続財産の把握ですが、いろんなケースがあり亡くなった方の財産を見落とさないように注意が必要だと思います。一戸建ての不動産で私道等を見落とすと大変なことになります。

そして後は顧客と話を進めながら、業務を遂行していくことになります。

さて、仕事柄外国人から相続のご相談を受ける時もあります。とくに在日韓国人・朝鮮人の方の相続問題で相談を受ける場合が多いです。

この場合、被相続人(亡くなった方)が韓国籍の場合、相続に関する法律の適用は韓国法になります。なのでやはり韓国の民法もきちんと勉強しておく必要がありますね。

また、同時に韓国の戸籍法((家族関係の登録に関する法律)の勉強も大変重要になってきます。

帰化された元韓国籍の日本人の場合も当然、韓国の戸籍が必要になってきます。また、帰化をしたときに韓国の戸籍に国籍喪失届がなされてないと、手続きがスムーズにいかない場合もあります。

被相続人が日本人、韓国人のどちらの業務にしろ、戸籍法の勉強は重要だと思います。私が行政書士試験を受けた12年前は戸籍法も試験の出題範囲になっておりましたが、今も出題範囲になっているのかちょっとわかりません。

銀行預金等の手続きも相続人達からきちんと委任を受ければ、行政書士がすることも可能です。私は以前金融機関に勤めていて、預金係長をしておりましたので銀行業務のことは理解しております。

相続問題でお困りの方は是非、当事務所にご相談ください。

今日はこれで失礼します。

Kanban_3

HPアドレス  http://www9.plala.or.jp/yk/